特殊工事

橋の解体

橋の架け替えに伴う旧橋の解体を行います

老朽化や耐震による橋の架け替えに伴う旧橋(PC・鉄骨)の解体を行います。PC橋梁はワイヤーによる分割・一本吊り工法により低振動・低騒音に施工が可能です。
また橋台(下部工)についてもワイヤーソー分割・吊り撤去を行えます。

kaitai_6_04_01 kaitai_6_04_02 kaitai_6_04_03

煙突解体工事

当社の本社所在地である富士市は古くから“紙のまち”と言われるほど製紙工場が たくさんあります。そして、その長い歴史には設備の新旧交代が必ずあります。 当社はその解体工事の分野で、地場産業の発展にも貢献しています。

高さ30mから100m超の煙突のc解体実績は地域No,1!

kaitai_6_01_01
kaitai_6_01_02
解体工法は過密設備群の中で施工するケースが多い為、施工高さを誇る高所解体専用機(通称ハイリフト圧砕機)は使用できないことが多く、人力(ハンドブレーカ)解体で行う在来の技術でも当社は対応できます。また、この技術は次世代にも継承されています。

施工条件により下記の工法もOKです。

・ワイヤーソー輪切り – 吊降し工法 ・上部人力 – 下部重機圧砕工法

<ご注意>解体の計画に当たっては下記の手続きが必要です。
・足場の設置届け
・高さ31mをこえる建築物又は工作物の解体工事計画届け

テーマパークのアトラクション解体工事

当社は解体計画に際し十分な調査・検討をし、安全施工を致します。 テーマパークのリニューアル等に伴い、その役目を終えたアトラション(遊具)の解体を行います。

解体物は特殊な鋼構造物、侮るなかれ!高さは50m超の構造の遊具もあります!

kaitai_6_02_01 kaitai_6_02_02 kaitai_6_02_03

万全な施工計画で解体工事を安全に進めます!
・工法・手順は”お客様の安全第一”を基に選択します。
・部材の確認の基に単位質量から解体するブロックの総質量を算出
・算出結果により使用するクレーンの選定・ワイヤ吊り具の選択
・切断作業の方法・作業員の安全確保・火災の防止対策

富士山頂上施設解体工事

「工事名 平成17年度 富士山頂環境省管理舎解体工事」を施工しました。(工期2006年 6月から8月) 標高3,776mでの施工にあたっては、計画段階での綿密な検討・準備が工事全体の流れを左右します。

弊社では下記を実施しました

・資機材の荷揚げ計画<荷の質量配分・過不足の確認>
・解体重機の自走経路・通路の状況 ・解体作業員の必需品<食料・寝具・保護具>
・解体発生材のヘリコプター輸送計画<荷の質量・梱包方法・1日の輸送量>
・天候<急転する状況>への対応方法

1.自走で登頂した解体重機で建屋を解体

1.自走で登頂した解体重機で建屋を解体

2.山頂への出発待機をするヘリコプター<中日本航空(株)>

2.山頂への出発待機をするヘリコプター<中日本航空(株)>

3.山頂の解体発生材はヘリコプターで麗に搬送し、ダンプに積替え処分場へ運搬します。

3.山頂の解体発生材はヘリコプターで麗に搬送し、ダンプに積替え処分場へ運搬します。


kaitai_info_off