イーシーセンター富士第2ステーションは、廃プラスチックなどの可燃物から固形燃料(RPF)を製造する屋内型プラントです。廃棄物のリサイクル率を大幅に向上し、環境保全に貢献します。

固形燃料(RPF)とは

 

富士第2ステーション イーシーセンター

住所 〒417-0848 静岡県富士市大野60-1
TEL : 0545-31-1481 FAX : 0545-31-1488
許可証 静岡県知事 第2221036663号
許可品目 廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ
プラント全景
破砕機
製品ヤード

破砕処理能力

固形燃料施設①

廃プラスチック類 57.44t/日(16時間)
紙くず 56.80t/日(16時間)
木くず 57.44t/日(16時間)
繊維くず 56.80t/日(16時間)
動植物性残さ 59.84t/日(16時間)

 

固形燃料施設②

廃プラスチック類 15.36t/日(16時間)
紙くず 17.60t/日(16時間)
木くず 16.00t/日(16時間)
繊維くず 17.76t/日(16時間)
動植物性残さ 14.72t/日(16時間)

可燃物(廃プラ・紙くずなど)

可燃物(廃プラ・紙くずなど)

RPF(固形燃料)とは?

RPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)とは、主に産業廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難なプラスチック、古紙、廃木材などを原材料とする固形燃料です。主に、石炭やコークスなどの化石燃料の代替燃料として製紙・鉄鋼業界などの燃料として使用されています。

造粒されたRPF

RPFを使用するメリット
・化石燃料の代替燃料なのでCO2削減効果がある
・性状が明らかな廃棄物を使用しているため品質が安定している
・高カロリーのプラスチック、低カロリーの紙、木を混合したものが原料なので、燃焼形態に応じたカロリーの調整が可能である
・一定の形状をしており、固形化されているので、ハンドリング性がよい