ホーム > NEWS

お問い合わせ

異臭発生報道についてのご報告

テレビ、ラジオ、インターネット等で報道されました今回の事故におきましては、皆様に大変ご心配をおかけし申し訳ございません。

平成29年10月16日(月)19時現在、弊社が把握している事実関係をお知らせいたします。

10月16日午前10時15分頃、「弊社富士ステーション」(静岡県富士市大野61)で作業中の弊社社員から「廃棄物の缶から漏れた液体が目に染みる」という報告があり、消防に救急車の要請をさせていただきました。弊社社員へのヒヤリングによると廃棄物の選別作業中、高さ約50センチ、幅約30センチの金属製の缶から透明の液体が漏れているのに気付き、直後に目やのどに痛みを感じたとのことでした。

消防の現場検証の結果、工場屋内の気体から一酸化炭素と塩素が検知されました。富士警察署とともに現在詳しい原因を調査しております。社員7名が異臭と目の痛みを訴えたため、病院へ搬送しましたが、医師の所見で異常なく当日中に通常業務に無事復帰しております。

今後富士警察署の調査結果を待って改めてご報告させていただきますが、まずはお騒がせいたしましたことのお詫びと、事実関係の報告とさせていただきます。